(カドゥケウスの杖、トート神のシンボル、そして性エネルギー昇華の象徴)

性エネルギー昇華法

 

第一部 グラン・アルカーノ

第二部 独身者用性エネルギー昇華法

第三部 プラクティスの手引き

 

【第一部 グラン・アルカーノ】

スーパー・セクシャリティ

 

「性」には、知られざる見地と、深い神秘があります。
性エネルギー昇華法はまさに、「性」の知られざる活用法と言えるでしょう。
それでは、性エネルギー昇華法とは、何なのでしょうか。
それは、どのような方法で行われるのでしょうか。

古代の人々が性を神聖視していたことは、世界中に残る数多くの遺跡から確認することができます。
すべての文明の基礎に、性信仰がありました。
古代の人々は、性のもつ計り知れない秘密を知っていました。

その秘密こそ、古代より一部の人々にのみ連綿と伝えられてきた、創造的性(スーパー・セクシュアリティ)の秘密である、グラン・アルカーノ(大いなる秘儀)なのです。
性エネルギー昇華法とは、この創造的性の実践テクニックのことです。

 

「性」は、男性と女性が支えあう素晴らしい創造のいしずえです。
そして「性」は、人間のもつ大きなエネルギーです。
そして、気づくと気づかないに関わらず、そのエネルギーは人生の中で、様々な形に変換されていきます。
言い換えれば、性は人生そのもののエネルギー源なのです。

例えば、芸術家は性のエネルギーを、芸術的インスピレーションに変換して、創作活動を行います。
科学者は、研究や発明に、そのエネルギーを方向づけます。

しかし、多くの人々は、この素晴らしいエネルギーを創造的に向けることなく、人生の中で無駄に消耗してしまいます。
これは非常に勿体無いことです。
もし、性エネルギーをポジティブに生かすなら、まさに「創造」をしていくことができるのです。

 

性エネルギー昇華を行うなら、肉体的には健康を、心理的には思考力のアップや、意識の目覚めなどを得ることができます。

また個人的な、社会的な性問題の解決法として、性エネルギー昇華法は最も有効です。

性エネルギー昇華法には、独身者用の昇華法と、結婚したカップル用の昇華法とがあります。
今回お伝えするのは、独身者用の昇華法です。

性エネルギーを昇華することにより、それは更に繊細でパワフルなエネルギーに変換されます。
性エネルギー昇華法の目的とは、心理的欠点の根絶による、魂の自己実現です。

 

【意識の目覚めの必要性】

 

性エネルギー昇華によって、意識の目覚めを獲得することができます。
意識が目覚めることによって初めて、すべての物事の真実を知り、自らの天性を発揮していくことができます。

ただしその為には、自分の持つ心理的欠点をなくしていく必要があります。

我々は、眠った意識の中で生きています。
眠りながら通りを歩き、テレビを見、気になることがあると我を忘れて、それに魅了されていきます。

まさに、眠りながら生き、眠りながら死んでいくと言えるでしょう。

意識を眠らせている原因、それがエゴです。
エゴとは、自尊心、肉欲、妬み、恐怖、怠惰、大食、虚栄などの、心理的欠点を具現する「我(が)」のことです。

 

我々は、意識が目覚めていると思い込んでいますが、実際の所、意識の99は眠りこけています。
何分間意識をもっていることができるでしょうか。大変短い時間です。
数分すると、昨日見た映画のことを思い出して、意識は映画の方に飛んで行ってしまいます。
この意識を飛ばす(眠らす)張本人こそがエゴです。

つまり我々は、エゴの操り人形なのです。
沢山のエゴが、入れ替わり立ち代り、我々の肉体を操っています。

ですから今、最も必要なことは、自分の内のエゴを根絶することです。

だからこそ、性エネルギー昇華を行います。

昇華された性エネルギーは、魂の力となり、このエネルギーのみが、心理的欠点であるエゴよりも強い力を持ちます。
エゴに打ち勝っていくことができます。
そうして徐々に、意識の目覚めがやってきます。

 

意識を目覚めさせることによって、正覚(しょうかく)を得た、ハートに脳を持つ状態となります。

それは、心で考え、直感によって取るべき行動を取ることができるということです。

また、意識が目覚めることで、夢の中(四次元)でも意識をもって行動することができるようになります。

これは、24時間目覚めた状態で、三次元と四次元の両方で行動できることを意味します。

 

【魂の力を強めよう】

性エネルギー昇華は、性腺のエネルギーを、背骨を通して脳に、更にハートに昇華するという方法で行います。
こうして、性と脳とハートが結ばれるのです。

 

ハートに至った性エネルギーは、非常に洗練されたエネルギーに変換されており、それは魂の力、魂の永遠のエネルギーになります。
このエネルギーによってのみ、心理に巣くう、数多くのエゴを根絶することができるのです。

そして、すべての超常感覚機能(超視覚、超聴覚、直観力、テレパシー、超記憶など)の開発が可能になります。
これは、性エネルギー昇華の過程で、内分泌腺と直接つながっているチャクラ(霊の磁気中枢)に、エネルギーが行き渡ることによります。

また、性ホルモンがフィードバックされることで、心臓のポンプ力が増し、脳細胞の血液循環が促進され、思考力が増し、体内の神経経路に栄養を与えることもできます。

われわれは、知らず知らずの間に、性エネルギーを昇華していることがあります。

例えば、緑の多い場所での散歩、ハイキング、素晴らしい景色を目の前にして深呼吸することなどは、性エネルギーを昇華させる効果があります。

適度のスポーツや絵画、彫刻、洗練されたクラシック音楽の鑑賞、また他人を助ける人道的行為も、その効果があります。

しかし、性エネルギーの根本的変換のためには、プラクティスによる性エネルギー昇華が必要です。

 

【太陽の体を創る】

 

性エネルギー昇華によって、黄金の霊体を創り出すことができます。

これは、性エネルギーの水素が熱によってヘリウムに、更に金に変換されることによります。この金は、魂を覆う太陽のエネルギーです。

すなわち、普通の霊体が月に属するのに比べ、黄金の霊体は、太陽に属します。
つまり、性エネルギー昇華とは、太陽の体を創ることなのです。

また、黄金の霊体をもつことによって、普通の霊体では行けない、六次元以上の高次元に行くことが可能になります。

これは、死後においても、大きな意味をもちます。

つまり、仏教で言うところの天国である、涅槃(ニルヴァーナ)に入ることによって、転生の輪を抜け出すことができるということです。

そうして最終的には、人間の持つ七つの体(エーテル体、アストラル体、メンタル体など)のすべてが黄金化されることになります。

 

【松果腺】

松果腺は、人間の性エネルギーと深い関わりがあります。
偉大な科学者や芸術家、哲学者は、松果腺が大変発達しています。

松果腺は、想念変換センターでもあり、性的力の強い人は、松果腺が発達している為に、その念波により多くのものを引きつけ、人生を成功に導きます。
反対に、性エネルギーを消耗してきた人の松果腺は萎縮しており、力強く念波を放射することができず、その結果は失敗です。

また、松果腺は「霊の扉」とも言われ、ここから霊が、肉体への出入りを行います。
そしてここに、頭頂のチャクラがあり、性エネルギー昇華で、それが開発されることにより、時空を超えた世界を知覚する能力が目覚めます。

また、性エネルギーが脳に至ることにより、脳細胞が活性化され、思考力が増します。

 

【ハート】

脳に昇華された性エネルギーは、最終的にハートに至ります。
ハートこそが、存在の本質である、魂の宿る場所です。

ハートに性エネルギーが至ることによって、それは失われることのない、魂の永遠の力となるのです。

ですから、日々性エネルギー昇華をするなら、それは、日に日にエネルギー源をたくわえていることになります。

現代人は、魂の力が大変弱っています。
自分自身のエゴと直面する勇気を持つために、魂の力は是非とも必要なのです。

性エネルギー昇華は、我々に魂の力を与え、健康な体を造り、あらゆる潜在能力の開発を助けてくれるのです。

 

【聖なる母】

性エネルギー昇華の重要なポイントは、聖なる母への祈りです。

聖なる母とは、創造主の女性的要素であり、我々の魂の母です。

母親が子供の成長を見守るように、魂の母も、我々の魂の成長を見守り、助けてくれます。

聖なる母は、イシス、観音、聖母マリア、デビ・クンダリニー、ステラ・マリス、天照大神、西王母、弁財天などと呼ばれ、一万一千の名前を持つと言われます。
これらはいずれも、世界各地の古代文明で崇拝された女神の名で、今なお、多くの人の心を惹きつけて止まない存在です。

そして聖なる母は、我々自身の内にも宿る、魂の母のエッセンスです。
尾骨から数えて四番目の仙骨を超視覚で見ると、三回半とぐろを巻いた、蛇の姿をした聖なる母を見ることが出来ます。

聖なる母が、そのパワーによって、性エネルギーを昇華、変換させ、精神的にも我々を導いてくれます。
そして、心理的欠点である、エゴを溶解する力を持つのが、聖なる母なのです。

聖なる母は、我々に光を授け、常に導いてくれる存在です。

いかに多くの本を読もうと、学歴があろうと、聖なる母が光を授けないのなら、習ったことを何一つとして理解することはできないでしょう。

それゆえ、我々は、性エネルギー昇華のためにも、エゴを根絶するためにも、聖なる母に心から援助を願うのです。

 

 

【秘密の性】

古来より性の秘密は、一部の奥義に通じたイニシエイトにのみ受け継がれ、公に口外されることはありませんでした。
それは、この知識を悪用する者が出ることによって、社会に悪い影響が出る可能性があったからです。
ヒトラーは、性の知識を悪用した一人です。

しかし、大変なスピードで時が流れている現代、我々に求められているのは、自分自身の本当の能力を知り、それを発揮することであると言えます。
その意味で、現代人は、創造的性の知識を生かす準備ができています。

また、日本人は、使命感を持って生きていると言われます。
確かに、社会の中で役に立とうと、一生懸命働いてきました。
しかし、意識が眠ったままであれば、今後、どの程度役に立てるでしょうか。我々一人一人は大変必要とされています。

性エネルギー昇華法は欠点を排除し、自分自身の内に新たに誕生することを可能にします。
それは、太陽人間の誕生であり、人間が生きる究極の目的こそ、太陽人間になることなのです。

性を生かすということは、自分自身に生命を与えることに他なりません。
性エネルギー昇華法は、肉体を若返らせ、個人的な、また社会的な多くの問題を解決し、「完全な結婚」への美しい準備を可能にしてくれるのです。

 

BACK

inserted by FC2 system