夜間の攻撃から身を守る

 

黒魔術師たちは大変活動的で、昼夜を問わず、執拗に攻撃をしかけるのが常である。
中でも、我々が最も影響を受けやすく、また無防備な状態、それは眠りの時だ。
というのも、夜中の
12時過ぎは、特に闇の力の活動が盛んになる時間である上、我々の肉体は休養中で、まったく受動的な状態にあるからだ。

そこで、次の17までに挙げる防御法は、夜間、我々に向けられる呪いのバイブレーションの道を逸らせ、吸収してしまう、磁気コンデンサーを準備する方法である。

 

1.水のエクソシズムで悪を洗浄する

 

コップ一杯の水を枕元に置いて眠る。
実に簡単で、それでいて大変効果的なこの方法は、水のエネルギー媒体としての磁気的パワーによるものだ。

コップはこの目的の為に新品を用意し、他の用途には使わないこと。

 

■やり方

 

@コップに水を入れたら、次の言葉で祝福を与える。

☆「生命(いのち)の水、光の泉よ、テトラグラマトンの名において、眠りの間、我の元に届く全ての悪を洗浄し給え。」

 

A次に、(画像のように)右手の親指、人差し指、中指を水に向け、薬指、小指は折って、水の上で十字を切る。
そして次の呪文、「水のエクソシズム」を唱える(読みながらで良い)。

 

☆「エクソルシソ・テ・クレアクトゥラ・アクエ・ウト・シス・ミヒ・スペクルム・デイ・ヴィヴィ・イン・オペリブス・エフス・エト・フォンヴィタエ・
エト・アブルーティオ・ペカトルム・アーメン」

 

Bラテン語のこの呪文は、この言語のマントラ的な響きの効果によるものなので、このまま発音する。

 

翌朝コップの水を観察してみると、気泡が無数につくなど、水がネガティブなエネルギーを吸い取って、何らかの変化を起こしている事が確認出来る。
一晩過ごした水は、コップで必ず「右手」で持って、水洗トイレなどに流して捨てる。

間違っても、その水を飲んだりしないように。

 

BACK

 

 

inserted by FC2 system