プラクティス講座V

 

 

【ハートを開発するために】

私達が精神的に進化する為には、エゴと戦い、これに打ち勝ってゆかねばなりません。
そうして周りの人々の為に見返りを求めないで役に立とうとする時に、初めて人生の本当の目的を実現することが出来るのです。
そして、このような行為へと私達を内側から推していくものこそ、魂の力に他なりません。

 

しかし、私達は魂の力が大変弱っています。
その為に、自我の誘惑に勝つ事が出来ず、自分さえ良ければいいという生活になっています。
これでは、人生における真の勝利は望めません。

 

このプラクティスを毎日行う事によって、魂の力を強め、純粋な愛を開発する為の助けとすることが出来ます。
また直観力が開発されます。

 

<プラクティス>

☆毎朝(午前中に)行います。

@我々の内に宿る「聖なる母」に魂の開発の援助を願います。
心からの願いであれば、言葉は自由です。

 

A東を向いて、まっすぐに立ちます。
両腕を水平に広げ、体全体で十字架の形を作ります。
この時、手のひらは前方に向けます。

 

Bそして東の天空に、光り輝く黄金の十字架を思い浮かべます。

 

Cハートに意識を集中して、深く息を吸い込み、「オーーーーーーン」と発音します。
この時、「オ」を長く伸ばして発音します。
発音しながら、前方の黄金の十字架から、光のエネルギーがハートに注がれるのを、ありありと想像します。

 

D計6回、この発音を繰り返します。

 

E終わったら、右腕を上にして、胸の前で両腕を交差させます。
これによって、エネルギーがハートに導かれるので、その繊細なエネルギーを感じ取ってみます。

 

F「聖なる母」の助けに感謝して、終了します。

☆このプラクティスは40日間毎日続けて行います。そうすれば、あなたの内に大きな変化を体験する事が出来るでしょう。

 

 

<万物への祈り>

この祈りは、心を込めて行う時、場所と時間を超え、地上の生けとし生けるもの、低次や高次の魂、そして宇宙のすべての存在にまで届きます。

両腕を胸の前で交差し、次の言葉を心から言います。

 

万物が幸福でありますように

万物が幸運でありますように

万物が平和でありますように

 

この言葉を3回繰り返します。

次に、

アーオーム(AOM

を一息で発音し、それを3回繰り返します。

 

このム(M)は、口を閉じて鼻から出す、ムとンの中間音で、「アーオーゥム」というように、口を大きく開けた状態から、少しずつ口を閉じつつ、なめらかに発音します。

このマントラは、宇宙のすべてに響き渡る音です。

この祈りを、プラクティスの最初や最後に行うことができます。

 

BACK

 

inserted by FC2 system