ルーン・エクササイズ(ハガル)

 

【ルーン・ハガル】

■照応期間:218日〜320
■照応:いて座
■照応タロットナンバー:
7


☆ルーン・ハガルは、ルーンの母であり、宇宙のクリストを表す。
別名、「世界のルーン」とも言う。

タロットナンバーの「
7」が示す勝利とは、このシンボルに見られる上向きの三角形(△)と、下向きの三角形(▽)で、人間の内における、マクロコスモス(大宇宙)と、ミクロコスモス(小宇宙)の結びつきが実現することを意味する。


自然界の精霊や、土、水、火、空気、エーテルの精の神々に、秘教的仕事の援助を願う時は、ルーン・ハガルの実践を、意識的に励行しなければならない。
このルーンを行うことによって、ノスティックは、聖なる母クンダリニーの援助を期待しながら、自然界とそのエレメントたち、神々、守護神と共に働くことができる。


このルーンには、回転が伴う。
右回りの回転運動によって、ボルテックスやチャクラが活性化される。

ルーン・ハガルによって、一年間のルーン・プログラムが完了するわけだが、総まとめのルーンとして、
7つのルーンを組み合わせて実践する。
これを
11回行うことで、太陽が黄道帯の12の星座を一周することを表している。

これは特に、エーテル体を活動させ、また前世の記憶をも活動させる。

また、防御のシンボルとしても役立つ。
その時は、体でポジションをとっても、地面や床にハガル「*」を書いても、防御の効果がある。

 

 

◆エクササイズT (ルーン・イスとの組み合わせ)

 

 

 

 

@ルーン・イスの基本姿勢をとる。
すなわち、両手を体と一直線になるまで上昇させながら、深くゆっくりと息を吸う。


Aそれから、ルーン・ハガル独特の動作である回転が始まる。
「イーーースーーー(
IIIIIIIISSSSSS)」と発音しながら、右回りに回転する。

B七回転したら、両手を胸の前で交差(必ず右手が上)し、息を吸ってから、「ハーー(
HAAAA)」
発音する。
このマントラは、ちょうど腹の底から出る、ため息のように発音する。

 

 

◆エクササイズU (ルーン・ノットとの組み合わせ)

 

 

 

@画像のように、右手を腕、左手を下に(斜めに)開く。

A深く息を吸い、右回りに回転しながら、マントラ「ナー(
NA)」を発音する。

B一回転したら、両手の上下を逆にして、左手を上、右手を下にする。

C深く息を吸い、右回りに回転しながら、マントラ「ネー(
NE)」を発音する。

D一回転したら、再び両手を逆にして、深く息を吸い、右回りに回転しながら、マントラ「ニー(
NI)」を発音する。

E同様に、一回転ごとに両手の位置を逆にしながら、マントラ「ノー(
NO)」、そして「ヌー(NU)」を発音する。

F合計五回転したら、前回と同様に、両手を胸の前で交差し、「ハーー(
HAAAA)」と、ため息をもらすように発音する。

 

 

◆エクササイズV (ルーン・エとの組み合わせ)

 

@画像のように、左手を上、右手を下にして開く。

A深く息を吸って、手の位置は変えずに、右回りに七回転する。
回転と同時に、マントラ「エー(
EEEEE)」を発音する。

B七回転したら、前回と同様に、両手を胸の前で交差し、「ハーー(
HAAAA)」と、ため息をもらすように発音する。

 

 

◆エクササイズW (ルーン・ギボールとの組み合わせ)

 

 

@画像のように、両手、両脚を大きく開き、全身で「X」の形を作る。
ここでは、回転しない。

A深く息を吸って、体中のすべてのエネルギーが、右手から左足、左手から右足という具合に、交差するのをイメージする。

Bそれぞれの母音を伸ばしながら、マントラ「ギボール(
GIBOR)」を発音する。

「ギーーーボーーールーーー(
GIIIIIIBOOORRRRR)」


C息を吸って、再び「ギーーーボーーールーーー(
GIIIIIIBOOORRRRR)」と発音する。

D同様に、合計七回、マントラを繰り返す。

 

 

◆エクササイズX (ルーン・マンとの組み合わせ)

 

 

@両手をそろえて立ち、画像のように両手を高く上げ、宇宙からのエネルギーを受け入れるつもりで、手のひらを上に向ける。

A深く息を吸ってから、右回りに回転しながら、マントラ「アーム(
AAAAAAMMMMMM)」を発音する。

B一回転したら、そこで止まって再び息を吸い、右回りに回転しながら、今度は「エームー(
EEEEEEMMMMMM)」を発音する。

C同様に、一回転ごとにマントラを変え、次は「イームー(
IIIIIIIIMMMMM)」、そして「オームー(OOOOOOMMMMM)」「ウームー(UUUUUUMMMMM)」と続ける。


D合計五回転したら、前回と同様に、両手を胸の前で交差し、息を吸ってから、ため息をもらすように「ハーー(
HAAAA)」と、発音する。

 

 

◆エクササイズY (ルーン・ティールとの組み合わせ)

 

 

@画像のように、両手を開く。丁度カサのような格好に。

A次に深く息を吸い、右回りに七回転しながら、マントラを発音する。
「ティーールーーー(
TTTIIIIRRRRR)」

B終わったら、両手を胸の前で交差し、息を吸ってから、ため息をもらすように「ハーー(
HAAAA)」と、発音する。

 

 

◆エクササイズ[ (終了のルーン・ハガル)

 

 

@直立の姿勢から、画像のように、両手を水平に伸ばす。
この時、手のひらは、前方を向くようにする。

A次に、息を深く吸って、「ハーーガーールーー(
HAAAGAAALLLL)」と発音しながら、右回りに回転する。

B七回転したら、感謝の祈り(万物への祈り)を捧げて、七つのルーンを組み合わせたハガルの終了とする。

 

 

BACK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system