(聖コンスタンティノ)

ノーシスとは 精神的世界への誘い

 

現代は、非常に科学が発達した時代です。
日本の中を、旅するだけで命がけだった江戸時代の人々が、今の世界を見たら、どう思うでしょうか。
人間が月へ行き、宇宙にコロニーを造ってしまおうと言っている時代を、想像することができたでしょうか。

その反面、殺人・放火などの犯罪が、後を絶ちません。しかも、年々悪質化しています。
また、世界のどこかで、いつも戦争をしています。

確かに、科学は発達しました。
しかし、その文化を築き上げた人間そのものは、進化しているでしょうか。
科学も行き詰っているような状態です。
これは、科学者自身が言っていることです。
なぜこのような状態になったのでしょう。

 

今は、超能力という言葉を知らない方は、まずいらっしゃらないと思います。
ひと昔前まであ、漫画や
SFの中だけしか、出てこなかった言葉です。
しかし、世界を二分する勢力を持った大国、アメリカやソ連が、その分野の研究をしているのは、有名な話です。

あなたは夢を見て、それが現実に起こったことはありませんか?
これは、今の科学では、一体どのように説明するのでしょう。
また、妖精や
UFOET、これらは科学的な証明がなされていないために、実際に存在しないと言えるでしょうか。
見たことがないからなのでしょうか。

 

先ほども書きましたように、科学だけでは完全ではないという事なのです。
ある人は、「これ以上、科学の発展を望むなら、哲学、宗教の分野に入って行かなければならない」とも言っています。
まったく科学と関係のないような、精神的な分野が必要不可欠となってくるのです。

もう一つ、精神的なものとして、芸術という分野もあります。
芸術派歴史上、宗教と大変密接な関係があります。

 

すなわち、現在の我々は、物質的な面ばかりを追い続け、精神的な面を置き去りにした、非常に不自然なアンバランスな状態であると言えるのではないでしょうか。
外的なもの(物質面)と、内的なもの(精神面)とがバランスを取ってこそ、自然の姿ではないでしょうか。
科学・哲学・宗教・芸術、これらを総括したものが、我々に本当に必要な知識であると言えるでしょう。

 

ノーシスは、それらすべてを提供することができるでしょう。
ノーシスとは、
GNOSISと書きギリシア語を語源とします。
「直感的認識」「叡智」または「知ること」という意味で訳されます。

物質を開発するためだけでなく、内的、精神的なものの開発のための知識です。

ノーシスとは、「すべての宗教の源泉であり、すべての科学の起源であり、そしてすべての芸術のインスピレーションである」と言われています。
大きく分けて、純粋科学・芸術・宗教・哲学という、四本の柱から成っています。

学校などで習う知識のように、何年かごとに新しいものが加えられたり、削られたりすることはありません。
まったく普遍的な知識、(いつ、どこででも、またどのような次元でも通用する知識)なのです。

そして、いつの時代にも、ノーシスは存在しました。
ノーシス(叡智)がなかったのなら、宇宙の創造は、あり得なかったでしょう。

また本誌では、宇宙の創造についても、触れて生きたいと思っています。
すなわちノーシスとは、すべての宇宙の叡智を示す訳です。

 

こんにち我々は、色々な古代遺跡や宗教の中に、ノーシスを確認することができます。
エジプトのピラミッドや、マヤ、アステカの神殿、インドの寺院など、数多くの遺跡の中に、大変興味深い叡智が隠されてあるのです。
ノーシスの「キー(鍵)」を使うことによって、皆さんも、それらから多くのことを学び取ることができるでしょう。

 

未来の扉を開く鍵、闇に光を当て、道を照らす光、それがノーシスなのです。

 

現代においてさえ謎とされていることが、このキーによって、明らかにされていくのです。
このキーには、無限の使い方があると言えるでしょう。

我々の住む日本の中にも、多くの叡智が隠されています。
伊勢神宮や出雲大社など、行かれた方があると思いますが、それらの中からも学び取ることができるでしょう。

また、チベットの仏教やキリスト教、中国の道教、ゾロアスター教、そして日本の古神道などの多くの宗教は、共通点をもっているのです。
なぜなら、その基礎には、この宇宙の叡智があるからなのです。

 

全ての一番奥深いところに、ノーシスは存在するのです。

 

皆さんは、なぜ生きているのか、一体何をするために生きているのか、自分は何者であるのか、というようなことを、考えた事はありませんか。

我々は、毎日会社や学校に行くためだけに生きているのでしょうか。それが、人生というものなのでしょうか。

ノーシスのキーを使うことによって、そのような疑問の解答を得ることもできるでしょう。

 

我々は、色々な感情を持っています。
明るい(ポジティブな)感情もあれば、暗い(ネガティブな)感情も有ります。
悲しんだり、喜んだり、怒ったり、その時によって人が変わったようになります。

それらの感情は、なぜ、どこから出てくるのでしょう。
我々人間は、自分の感情の動き、心理状態の原因を外からの物のように思っています。
しかし、本当の原因は、我々の内に存在するのです。

それらは「心理的欠点」、「エゴ」と呼ばれます。
怒り・虚栄・怠惰・肉欲・恐怖・大食・妬みなどがそれなのです。

これらのエゴは、我々の生命エネルギーである、性エネルギーの正しい方向づけによって、根絶することが可能なのです。

すべてのエゴを根絶した時に、我々は、すべての束縛から解放され、本当の自由を得ることができるのです。

ノーシスとは、我々が自由になるための知識なのです。

 

我々が、真の自由を得るために、ノーシスのキーを使い、バランスを取りながら、次のステップへ歩んで行きましょう。
その為に、無限の可能性を秘めた自分自身を知ることから始めましょう。

 

BACK

 

inserted by FC2 system