オーラを見よう

4つのエーテル成分

我々の霊(サイキス)は、多くのエテリック(霊気的)な成分から成っています。
その一つである生命体(バイタルボディ)(エーテル体)は、次の
4つの主要なエーテルから成っています。

 

@化学エーテル

有機体の生理的機能(消化・吸収・解毒・体温調節など)を担当しています。

A生命エーテル

生殖機能を担当しています。
我々の細胞が日々再生しているのも、このエーテルの働きです。

B発光エーテル

霊の感覚(いわゆる超常感覚機能)を担当しています。
超視覚・直感・テレパシーなどの機能です。

C反射エーテル

記憶・意思・想像力を活動させます。
反射とは、魂の属性(愛・自由・幸福など)を反射させるという意味があります。

 

肉体は、これらすべての成分を覆っている、一番外側の体です。
そして我々の周りに、これらの内的な成分であるエーテルの光が、磁場を形成します。

発光エーテルが、我々のオーラを生じさせています。
肉体のすぐ周りで光を放っているのが、発光エーテルの光です。
更に、我々の
50cm1mぐらいの周りには、アストラル体のオーラが光を放っています。

ここでは、自分のオーラを見るための方法をお伝えしましょう。

 

1.生命体のオーラを見る

人間の手は、大変繊細なエネルギーを送受信する、鋭敏なアンテナの役目を果します。
暗くした部屋の中で、この手のひらをこすり合わせます。
そして、自分の前に出して、見つめます。
そうすると、白っぽい、あるいはバラ色のオーラが、周りに見えます。

 

2.鏡を使ったプラクティス

鏡というのは、大変興味深い性質を持っていて、この滑らかな表面に強い磁気が働きます。
そうすると、よく四次元への窓としても用いられます。

 

@大き目の鏡とそうろくを用意します。

部屋は暗い方がよく、うす暗くした部屋で、ろうそくの灯りを一つともします。
そして、灯りが鏡に映らない(反射しない)ところに、ろうそくを置きます。

 

A鏡で自分をよく見て、自分に言い聞かせるように、「私のオーラが見たい」と方向づけます。
我々の周りのおーらに意識を集中し、視点を動かさずに、なるべくまばたきをしないようにして、鏡の中を見ます。

 

Bじっとしていて、しばらく経つと、何も見えなくなって真っ暗になったり、またオーラだけがはっきり見えるようになってきます。
人によって違いはありますが、時間はだいたい
30分ぐらいです。

オーラや、目に見えない次元のものを見ようとする時は、なるべくまばたきをしないようにして、意識を集中して見るのがポイントです。
意識を集中し、まばたきをしないだけで、エネルギーが集中され、肉眼で見えるものとは別の領域が見えやすくなります。

 

しかし、自分の見ようとするものに意識を集中しなければ、雑念や、単なる自分のマインドの投影でしかないものを、見ることになります。

自分のエゴ(自分の心理の真実の姿)を見ることもあります。

例えば、大変恐ろしいゴリラのような顔をしていたり…ゴリラのような顔というのは、肉欲のエゴです。

また、リラックスして受動的な状態を保つということも大切です。
受動的になるというのは、自分から何かやろうというのではなく、受動的に、内的なチャンネルを開いて、何かが見えてくるのを待つということです。

 

オーラの色について

超視覚を開発すれば、身体全体を覆っている卵型、あるいは繭状のアストラル体のオーラを見ることができます。
幽体離脱をした時も、容易にこれを見ることができます。
また、オーラの色を見ることで、その人の健康や心理的な状態を知ることができます。

一人ひとりが、異なった色のオーラをもっています。
進化の段階によって、大きさも違います。
それは、内的な成分が異なるからです。

我々の考えや感情、心理の動きは、すべて何らかの色や形を生じています。
色が表現するものは、バイブレーションの違いによって、それぞれ異なります。
また、同じ色でも、色調(濃淡や濁りなど)によって、表現する性質にも違いがあります。

一般に、普通の人のオーラの状態は、色が薄く、濁り気味です。

例えば、嫉妬を抱いている人は、濁った黄色の成分を発します。
また、暗い緑色は、疑いを表します。
黒は、大変病気が重いか、死が近づいていることを示しています。

男性が女性を見る時、性的な情欲が混ざっている場合は、濁った赤色のオーラを発散します。
それがあまりに強い時は、相手の女性のオーラまで汚染してしまいます。

また、大変激しい怒りの状態にある人は、そこで莫大な量のエーテル成分を損失していることになります。

憎悪のエネルギーが強い場合は、オーラに穴が開き、相手や、発してる本人が死に至ることさえあります。

恐怖や絶望にとらわれている人は、オーラに殻を作って、自分自身を閉じ込めてしまいます。
問題や欲求不満の心理的な檻の中に閉じこもり、外のものは見えません。
身動きがとれず、限度を超えると、自殺にまでも至ります。

このように、オーラに影響を与え、開発を妨げているもので、忘れてはならないのが、我々のエゴです。
このエゴが、内部のエーテル成分を盗んで、霊の機能を衰えさせているのです。

エゴを根絶し、精神的進化の進んだ人のオーラは大変大きく、太陽のように明るく輝いています。
普通の人も、内的な開発をしていくことによって、この磁場を広げていくことができます。
その開発方法については、次回以降でご紹介できると思います。

オーラを見る事は、他人だけでなく、自分自身を知る有効な手がかりになります。
肉体の感覚では認識できない、我々の内部の状態を、直接知ることができます。
エゴが自分のオーラを、どれだけ汚染しているかも、具体的に知ることができるでしょう。

重要なことは、それらを洗練して、よい状態を保つということです。

 

「怒り」からの防御法

近くに怒っている人がいる場合、その人は大変なエネルギーを消耗しているので、周りの人からエネルギーを奪うという事をします。
すると周りの人はエネルギーを奪われ、脱力感や眠気を感じたりします。

そんな時は、左手をお臍の上に当てます。
そうする事によって、お臍の位置にある太陽神経叢(感情のエネルギーの流通するセンターがある)からの、エネルギーの流出を防げます。

また、前もって怒られに行く事が判っている場合などは、お臍の上に赤い布をかぶせていく事で、防御出来ます。

もう一つの方法として、深呼吸をしながら、太陽エネルギーを取り込み、そのエネルギーによって、お臍の周りにバリアーを作る事を想像します。
それによって、同じような防御の効果が期待出来ます。
この方法で、バリアーの持続時間は約
40分です。

 

BACK

 

inserted by FC2 system