アステック・クリスティック・マジック

 

【プラクティス】

床で休む間、顔を上げ、背中で、聖霊の火が天より降り、あなたの頭の中を過ぎて、第三の目、従って第三の目の内側の眉間の間を通り、左から右(時計回り)に回転させる、火の蓮(チャクラ)を想像し、感じる。

そして、その火が喉仏の火の蓮、甲状腺に降り続け、それを円盤のように左から右へ(時計回り)回転させる。

この火が、あなたの心臓部降下し、到達する事を感じ続け、それがいかにして、12枚の(チャクラの)金色の花びらに火を灯し、この火で満たし、あなたのこのサイキック・センターの素晴らしき蓮が左から右(時計回り)に回転するのを見るのである。
そして、それが光明と、まばゆい火で満たされるのを見る。

この意識的な状態の間、あなたの最奥、あなたの内なる神である、ケツアルコアトルに思いを馳せながら寝入るのである。
彼を称え、彼を崇め、彼の導きと助けを願おう。

その後、この「オン」の音階を次のように唱する。

「オオオオオオンンンンン(OOOOOOONNNNNNNN)」

この音階を三度発音し、寝入るのである。

 

<プラクティス>

今より、あなたが曲がりなき起居ふるまいする事で、あなたの内なるクリストおん自らが、表立たれるように。
あなた思い、言葉、行いは、真・愛・義によりて、ひらめきを与えられるのみであろう。

あなたの日々の瞑想のこのプラクティスの間、聖霊の聖なる火が、あなたの脊椎より離れ、心臓のチャクラの、12枚の花弁の素晴らしき蓮の動きに入るのを見、そして今、あなたの創造的な確かなる喉のチャクラの16枚の花弁の素晴らしき蓮に向けて離れ、それを左から右(時計回り)の動きの中に置くのである。
今、あるいは後、朝の起床時か、夜の就寝前に、あなたは喉のチャクラに、半時間以上は集中するのである。

BACK

 

inserted by FC2 system