アストラル・トリップ 幽体離脱

 

アストラル・トリップという事場は、読者には聞き慣れないものかもしれませんが、「幽体離脱」と言えば、何となく想像できるのではないでしょうか。
肉体とは別の、霊の体(アストラル体)が、肉体から抜け出して、異次元を旅することを、アストラル・トリップと言います。

私達が、毎晩眠っている間、私達のアストラル体は、肉体の外(アストラル界)に出ていますが、その時の記憶が「夢」なのです。
しかし、もし意識を持ったまま、アストラル界に入るのなら、私達の行動範囲は、三次元と比べて、飛躍的に広がります。

アストラル界(四次元)では、時間や空間、重力などの制約がないため、地球上のあらゆる場所を訪れ、宇宙空間を旅することも可能です。
また、自分の前世を見ることも、未来の出来事を見ることもできます。
そして、自然界の精や、異次元の住人との交信も可能になります。

私達はおよそ、一日の三分の一から四分の一を、眠って過ごしています。
肉体には休息が必要ですから、眠らずに働いたら、病気になってしまいます。
しかし、霊と魂を眠らせる必要はないのです。

肉体が眠っている間も、意識を目覚めさせることによって、七十年の人生は、百年分の長さになり、その間、三次元と四次元との両方で、
習得が積めるのです。

そうして、自分がこの世で果すべき使命を知り、有意義な人生を送ることが可能になります。

 

もちろん、すぐにアストラル・トリップができるようになるとは限りません。
しかしこれは、人間なら誰もが本来持っている機能ですから、諦めることなく実践することをお勧めします。

また、「肉体に戻ってくることができなくなるのでは」と、心配する必要はありません。
なぜなら、肉体とアストラル体は、どんなに離れていても、銀の糸でつながっているので、必ず肉体に戻ってくることができます。

私達は寝ている間、毎晩肉体の外に出ていますが、今ここに、無事にいます。
これが何よりの証拠と言えるでしょう。
ですから、恐怖心と怠惰に打ち勝って、アストラル界での意識の目覚めを獲得しましょう。

それでは以下、アストラル・トリップの具体的テクニックを、お伝えします。

 

テクニック@

@寝床に仰向けに寝ます。
頭を北向きにすると、地磁気を利用できるので、肉体から抜け出すことが、更に容易になります。

 

A膝を立てて、足で三角形を作ります。目を閉じて、眠気を催させます。
しかし、すっかり眠ってしまってはいけません。
こうした条件を楽に作るためには、初めのうちは、これから寝ようとする時に、練習するのがよいでしょう。

 

Bそして、次のマントラを、何度も繰り返し発音します。

「ファーラーオーン(FAAAAAA RRRRAAAAAAA OOOONNNN)」

ラは巻き舌で、舌を振動させる音です。母音を長く伸ばして発音します。
口に出して発音すると眠気を催させないようなら、心の中で唱えることもできます。

 

C雑念が入るのを防ぐため、大きなピラミッドを、自分の体の上に想像することもできます。

しばらくすると、ジェット機のような、ツーンという音が聞えたり、体の一部にくすぐったい感じを覚えたりします。
これは、体の振動数が変わっていくからで、アストラル体が、肉体から離れかけている兆しです。
だから、ポリポリかいたりすれば、、振動数が元に戻ってしまい、最初からやり直しになります。

また、風船のように大きく膨れ上がる感じがあるかもしれません。
または、全く何も感じていないのに、自分の肉体から離れている、もう一人の自分を見たりします。

 

Dこのような兆しを感じたら、半分眠った状態のままで、寝床から起き上がります。
起き上がることを考えるのではなく、実際に起き上がるのです。
起き上がることによって、肉体からアストラル体が抜け出します。

 

Eそのようにして起き上がってみると、自分は既に空中に浮いていたり、また、起き上がった自分の側に横たわっている、自分の肉体を見たりします。

 

テクニックA

このテクニックは、私たちの頭の中に鳴り響く音に、意識を集中する方法です。
私たちの脳の中では、ほとんど聞えないぐらいの小さな音が、常に鳴り響いています。

それはある人には、エジプトの笛の音のように聞えたり、またある人には、東洋のドラ(ゴング)の音に聞えたり、また海のささやきに聞えたりします。

人それぞれ自分の主音(キー・ノート:音階の第一音)が異なる為に、人によって色々な音が聞えるのです。

 

@静かな部屋の中で横になり、すべての思考を鎮めます。
そして、自分の内側に耳を澄ますと、自分自身の主音が聞えてきます。

Aそしてその音を、自分の意思で大きくしていきます。

その音が次第に大きくなっていき、肉体が半分麻痺したようになった時、テクニック@の時と同じように、寝床から起き上がります。

うまく抜け出すことができたなら、アストラル界の探訪に出かけましょう。

 

アストラル界にいることを確認する

夢を見ている時は、普通意識は眠っていますが、そんな時、「今は夢を見ているんだ」と気づくことにより、意識が目覚めることがあります。
その時は、今自分はアストラル界にいるわけですから、それを認識すれば、夢の中のイメージは、みるみる消えていきます。
そして、自分の行きたい場所を強く念じることで、瞬時にそこへ行くことができます。

また、本当に自分がアストラル界にいるのかどうか確かめたい時は、自分自身に「私はアストラル界にいるのだろうか?」と問い、
そして高くジャンプします。
床に落ちることなく浮いているなら、これは肉体を離脱したアストラル体だということです。

また夢の中で、手のひらをみることによって、意識を目覚めさせることもできます。

また、自分の指の一本を引っ張ってみます。
すると、チューインガムのように、長く伸びます。
しかし、アストラル体の細胞記憶によって、また元通りに指は縮むので、心配はいりません。

 

アストラル界で攻撃された時の防御

夢やアストラル・トリップの中で、人に追われたりすることはよくあります。

そんな時は、下手に逃げないで、追っ手に向って両腕、両脚を開いて、星の形()を作ります。
そして、
「この力の星の前では何もできない」と言います。

また、高次からの助けを願う事もできます。
「第三ロゴスの名において、高次の人たち、お助け下さい」と願う事で、援助がやってきます。

次に、アストラル界で、、犬や蜘蛛、さそりなどの攻撃に遭った時は怖がらずに、右手の親指、人差し指、中指を伸ばし、指の先から光線を
発射する気持ちで、
「スー(SSSSSSS)」と発音します。
これは、口を横に開き、歯の間から強く息を吐く音です。
すると、敵は消えてしまいます。

 

アストラル界のシンボル

アストラル界で重要なのは、思考、テレパシー、直観力です。
そしてこの意思疎通は、シンボリックなものです。

例えば、アストラル界で、宇宙の叡智の寺院に入り、何かを質問したとします。
解答はシンボル、または何かのイメージで与えられます。
それを理解する助けとなるよう、
シンボルの解釈の表を載せてあります。
これらのシンボルは、神話や宗教に見られるシンボル理解の為にも、同じように適用できます。

これはほんの一部であり、これ以外のすべてのシンボルを、私達は直観力と知性を通して、理解していくことができます。

 

宇宙の神秘を知る

無限のアストラル界で私達は、他の惑星を訪れたり、地球の歴史を研究したり、ユニバーサル医学や純粋科学を学んだりすることができます。
それらの体験を、自分自身を知り、更に宇宙を知ることにつなげていくことができるのです。

アストラル界では、多くの誘惑にも出会います。
しかし、私達がアストラル・トリップを行う目的は、肉体と精神のバランスをとり、進化の道を進むことにあります。
ですから三次元と同様に、アストラル界でも自分の行動に責任を持ち、注意をもって誘惑をはねのけ、常に光と叡智の寺院へ向うようにしましょう。

 

BACK

inserted by FC2 system